ホームページ制作やグラフィックデザインに関することなら
岐阜のデザイン事務所、Blook(ブルック)にお任せください。

058-216-3355

営業時間 10:00 〜 18:00/土日祝を除く

2020.06.05

天才ですから(漫画「スラムダンク」より)

スラムダンク_バスケットボール

こんにちは。

私が生まれた頃、「スラムダンク(Wikipedia:SLAMDUNK )」の連載が週刊少年ジャンプで始まりました。そして私がすくすくと育っている間にスラムダンクは大流行し、さらには題材となったバスケットボールも大流行。単行本も飛ぶように売れ、アニメも放送され、私がスラムダンクの存在に気付いた頃、その人気は既に落ち着いている頃でした。

大流行したことも、その人気が落ち着いていることにも気づいていなかった私ですが、夏休みの朝10時からアニメの再放送が始まったテレビにかじりつき、それが終わるとタラタラ汗を流しながら単行本を楽しんでいました。そして、吸い込まれるようにバスケットボールクラブに所属していました。

スラムダンクの大流行を知ったのは、バスケットボールクラブのコーチが「ちょっと前まではスラムダンクの影響で、今よりずっと大勢の子供達がクラブに入ってくれていたんだよ。その頃は試合どころか練習にも参加できない子がいた」という話を聞いた時でした。大流行していたときに始められたら、この気持ちを共有できて嬉しかったのかもしれませんが、私の心はむしろ弾んでいました。なぜなら、スラムダンクの舞台となった湘北高校は人数が少なく、少数精鋭で勝ち抜いていく物語だったからです。「崖っぷち」な状況である方が自分にとっては都合が良かったのです(笑)

バスケットボール_試合

そんなこんなでスラムダンクに時間を費やした少女時代がありましたが、今ではすっかり運動とは程遠くデスクワークの毎日となりました。しかし、その頃に根付いた考え方は今でも私を励ましてくれます。その考えというのが主人公桜木花道が言う、

「天才」の一言です。

技術も経験もない中でバスケットボールを始めた桜木花道にとって、経験者が揃う中でのバスケットボールは心折れそうになる場面も多々ありました。しかし、何度も「天才」という言葉に目を輝かせて努力し、その才能を発揮します。桜木花道が本当に天才かと聞かれれば、ぼろ負けして悔しい思いもしますし、並々ならぬ努力もするため、元々才能がありふれているタイプではありません。しかし「天才」という言葉にここまで自信を持って、ここまで努力ができて、こんなに悔しがれる人ってそういないのではないのかな、と私は思います。

「これって天才かな?」
「天才に任せなさい」
「この天才 桜木 を一般人と一緒にされちゃ困る!」
「天才ですから」

桜木花道の放つ「天才」という言葉は、自分を過大評価するわけでもなく、ハッタリで口ばかりというわけでもなく…

自分を天才だと信じ、天才になる努力をやめることがない

そんな、とても強い言葉だと感じます。自分を天才だと信じることができないならば天才にはなれず、天才になる努力ができないならばそれもまた「天才」ではないのです。小学校時代、周りの目を気にして生きていた私にとって、笑われることも、後に引けなくなることも恐れず「天才」と言い放つ桜木花道は憧れそのものでした。

そして今もなお、心が折れそうな時や自信がなくなりそうな時にはそんな考え方が私を励ましてくれるのです。

「天才はここでやめるかな?」
「これが天才の仕事」
「天才はやるしかない」と。

そんな天才が働いているBlookには、桜木花道のような社長と湘北高校メンバーのようなスタッフが揃っております!(笑)

ぜひ大船に乗るつもりでデザイン全般、Webデザインをお任せください!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

▼お問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせ

 

▼Blook(ブルック)でできることは下記からご覧いただけます。

ホームページ制作について

グラフィックデザインについて

その他デザイン

お見積りやご相談、お気軽に
お問い合わせください。

0582163355

営業時間 10:00 〜 18:00/土日祝を除く